全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

いつでも逃げられる準備はしておこうぜと言う話

昨日書いたドラマの件だ

 

子どもをさっさと寝かしつけて、ヘッドホンを付けて見ている

ずっとあなたが好きだった

やっぱり面白い

佐野史郎が面白すぎる

天才か(今月2度目)

 

スポンサーリンク

 

 

そのドラマの中で、要約すれば佐野史郎のクレイジーさに耐えきれず、賀来千香子が荷物を急いでまとめて家出するシーンがある

 

それを見て思った

私は何を持って家を飛び出すだろうかと

夫が佐野史郎よろしく、突然クレイジーぶりを発揮するかもしれない

無いとは言えない

冬彦さんと同じく、ファミコンばかりしている

ファミコン(笑)

 

何を持って家出しようか

とりあえずスマホ、ノートPC、その他貴重品類、最低限の服

と言ったところか

スマホとパソコンは欠かせない

というかそれさえあれば何とでもなる、通信機器の万能感は異常

すごいぞ電子計算機よ!

 

と考えると、それさえあれば生きていけるんだろうなと思った

退屈な日々を充実させる為にある程度の娯楽(漫画とか)は必要だけれども、持って逃げる必要があるかと言われると全く必要ではない

 

本当に必要なものだけまとめたら、トランクひとつも要らないかもしれない

少し大きめのスポーツバッグ(野球少年が持っているような臭そうなやつ)で済みそうだ

だが今それだけで生きるほど達観は出来ていない

 

あとコレも持っていかなければ・・・↓

 

金田一少年の事件簿、犯人たちの事件簿、という犯人視点スピンオフギャグ漫画だ

本編を読んだ人にオススメする

くだらなさ過ぎて笑える

絵も似ていて抵抗なく読める

 

ロバート秋山といい、冬彦さんといい、この漫画といい、最近は良く笑っている気がする

寿命が1ヶ月ぐらい伸びた気がするぜ・・・

 

あぁ冬彦さん

また10年後ぐらいに通して見よう

もうこれを超えるドラマはなかなか無いだろう

 

どうでもいいが、ドラマ内の布施博が、もう30歳とか言っててびっくりした

老けとるな・・・いや時代か

そして27年前の賀来千香子可愛すぎやん(今も美人だけどね)

 

↓寿司で一番美味しいのは間違いなくわさび↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ