全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

実用的なプレゼントで皆幸せという話

12月といえばクリスマスだ

 

クリスマスツリーは飾らない

破壊神が2体いるのでとてもじゃないが飾れない

何となくクリスマスっぽい感を出す為にダイソーで一枚だけウォールステッカーを購入した

 

結婚して子どもが産まれるまでの数年は、クリスマスにコンビニで唐揚げを買ってきてPCモニターにツリーの画像を出してその前で食べていたというよくわからない事をしていた

唐揚げもフライドチキンには違いない

揚げた鶏肉はフライドチキンだろう 

 

スポンサーリンク

 

子どもが産まれるとそういうわけにもいかない

去年はまだどうせわからんだろうと何もしなかった

今年はちょっとわかってきたのでクリスマスっぽい事をしなければいけない

 

というわけでまずはクリスマスプレゼントだ

 

今日は実母が子どもにクリスマスプレゼントを買ってくれるという事で、ショッピングセンターへ行ってきた

 

普通は玩具を買う人が多いのだろう

 

だが、実用性派の母(私)

毎年子どもの誕生日とクリスマスには『次のサイズの靴』を買ってもらっている

 

今回も例に漏れず、靴をもらう事にした

 

f:id:seyakate910:20171201223120j:plain

 

ニューバランスだ

今履いているのもニューバランスだ

 

迷わずニューバランスの次のサイズにした

 

同じ靴を履き続ける両親から産まれた子達

同じメーカーの靴ばかり更新されていく

 

面倒くさがりの親の都合に合わせられる子ども可哀想という人もいるかもしれない

でもコロコロ色んな靴や色んな服できせかえ人形にされているのも親の都合だろう

そもそも子を産んだ事自体親の都合だ

自主性は尊重するがある程度育つまではある程度親の都合で生活してもらってもいいだろう

 

クリスマスプレゼントとして貰った靴だが、早速明日から履かせる

一番新鮮なうちに使い始めた方がいいだろう

 

ちなみに義母はプレゼントとしてお小遣いをくれる

それはそれで嬉しいのであった

 

でももうクリスマスプレゼントなんてサンタさん(笑)からの1個でいいと思う

じいさんばあさん、親、サンタ、そんないらんで

サンタだけでいい

だが親の好意をある程度受け取るのも親孝行なのかもしれない

好意なら良いが義務だと思っているかもしれない

 

親達には正直自分自身の老後にお金を使って欲しいと思う毎日だ

 

↓マインスイーパー初級で1秒という記録を出した事ある件↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ