全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

洗濯槽のカビ取りとかいう爽快な家仕事の話

洗濯槽は汚れる

見えていないだけで、カビが沢山生えているのだ

 

家の洗濯機は全自動の縦型だ

私は縦型が好きだ

全体的にコンパクトだし、洗浄力も高い(気がする)

 

今は2010年製の日立ビートウォッシュを使っている

 

スポンサーリンク

 

 

 

洗濯槽 カビ取り 等で検索すると、よく出てくるのが酸素系漂白剤使用でのカビ取りだ

 

我が家も過去6年、1ヶ月半~2ヶ月に1度、酸素系漂白剤で掃除していた

 

塩素系と違い、カビを剥がすようだ

50度程度のお湯とこれを入れ、撹拌して半日放置、その後に何度か洗浄する

 

入れてしばらくすると、ビロビロのわかめのような物が浮いてくる

これが快感だと思ってやっていたのだが、子どもが産まれてからどうにもこのビロビロを掬う事が面倒になってしまった

毎度ビロビロが出て来るのだ

 

そして色々と考えた結果にたどり着いたのが、純正のクリーナー(塩素系)だ

 

f:id:seyakate910:20170910205745j:plain

こいつだ

 

デカイ!高い!臭い!

純正は良いと色んなところで見るので、2年ほど前に思い切って切り替えてみたのだ

 

 

(Amazonは価格変動で高くなる事が多いのでヨドバシ.comで買うことが多い)

 

これを使ってみた

塩素系なのでビロビロは見えないが、2ヶ月前に酸素系を使用したにも関わらず、水が結構汚れていた

 

ネットの部分や細かいところも真っ白になった

これはすごいと感心したものだ

 

だが汚れ落ちがハッキリ目に見えているわけではないので、使用2ヶ月後ぐらいにいつも使っていた酸素系を使用してみた

その結果、ビロビロがほとんど出なかったのだ

 

純正クリーナーが強力だったのだろう

 

これは良い

半年~8ヶ月に1度ほどこの純正を使い、その間に1度酸素系を使用するぐらいで丁度よいのではなかろうかと結論付けた

 

頻度が下がったのでクリーナー代もそんなに変わらないのではないだろうか

 

ドカンと1発強めのモノで掃除してスッキリだ

 

それ以前に、カビ付きにくいように心がけているのは

・常にふたを開けておく

・洗濯するまで中に何も入れない

・ぬるい風呂水を使わない

 

これぐらいだ

 

ちなみに販売サイトを見ると、他メーカーからも似たようなパッケージの商品が販売されているが、どうやら中身は同じ模様

 

とりあえず浮いてきたカビを取るのが面倒な人にはオススメする

 

ただ強力な事もあって本当に洗面所が塩素臭い

頑丈なデカイ容器なのでゴミが嵩張る

1回あたり2000円弱かかるので贅沢している気分になる

 

その辺をクリア出来る面倒くさがりさんには是非試していただきたいものだ

 

↓だが浮くカビを見るのも楽しいのでyoutube様々だ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ