全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

何事も足りないぐらいが丁度よいという話

老子第九章 解釈(一部)

 

金銀財宝を蔵に満たせば満たすほど、それらを守るのが困難になる。

富や地位名誉をもって、それを自慢するような事があれば、自然に災厄を招くだろう。

 

という事らしい

 

色々な解釈はあるが、私は『何事もほどほどに、引き際は大事』とまぁ適当な感じに思っている

 

スポンサーリンク

 

 

 

満腹になるまで食事をする

すると気分が悪くなり、体がしんどくなる

食事は腹7分目の『まだまだ食べられる』ぐらいで止めるのがちょうどよい

 

財布のお金もちょっと足りないぐらいがいいと思っている

足りないなぁ、買わないでおこう、で済む

 

体力も使い切らない

余力がある状態で1日を終えるのだ

 

自分が思っているより、自分に必要なものは多くない

 

人間関係も、お金も、食事も、服や鞄も、そんなに必要ない

すべてを満足に手に入れたとしても、自分にとっては必要なものではないのだ

その不要なもので手がいっぱいになり、本当に必要な物を見失ってしまうかもしれない

 

少ないなぁ、足りないなぁ、と感じるぐらいがベストだ

まだまだ受け入れられる余裕が無いと、良い事は入ってこない

 

と思う今日この頃だった

 

↓その余裕の部分にカナブンが入ってきたのかもしれない↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ