全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

面倒くさがり的家計管理

我が家は面倒くさがり同志で結婚してしまった

 

しかし、都合の良い事に面倒だと思うジャンルが違うのでそれなりに役割分担でなんとかなっている

 

お金や税金関連はすべて私が受け持っている

面倒くさがりのわりに数字関係は嫌いじゃない

(実親には節約家ではなくドケチだと思われている。夫が可哀想と言われている)

 

そんな我が家の2016年は無事黒字に終わった

引っ越しでまとまった金額が出て行ったが、数年積み立てていたものなので特に問題はない

 

数字が嫌いではないといったものの、あまり意味のない事はしたくないので毎月の支出は大雑把な管理しかしていない

徒歩圏内に中型イ〇ンがあるのでそこですべてICカード払いをしている

よって、日用品や食費をまとめて購入するのでそれで月に〇万円程度と目安を設けている

車の点検代や車検代や冠婚葬祭祝い金等の年に数度あるかないかの出費があるので、あまりきっちり月締めする事に意味は無いと思っている

固定費などほぼ毎月変わらない

我が家の家計分類は

 

固定費(家賃・光熱費・通信費等・保険等)/生活費(食費・日用品・医療費・被服費・子供費)/年間特別費(車検や臨時出費)/残り貯蓄

 

のみだ!

家計簿を細かくつけるのは家計を見直すのに必要だというが

わかめ〇円 米〇円 にんじん〇円

と記録したものを見直して一体何になるのだという話だ

得られるものは暇つぶしの時間とこれだけ細かく書いた達成感という自己満足だけだ(と思う)

 

面倒くさがりにとってはこれで十分だ

いらないものを買わないというだけでいいのだ

 

しかし夫を連れて食品買い出しに向かうと食費が嵩むというのが今の時点での一番の問題点であるが、食べ物ぐらいは好きに食べてほしいと思うわずかな妻心であった・・・