全然丁寧じゃない暮らし

面倒な事は何もしたくない

写真を撮る頻度をかなり減らしたんやでという話

何かの記事で読んだ

 

最近の子どもたちの運動会を見に来た親は皆カメラ越しに見ている

目でしっかり見て応援している人は少ないと

 

スポンサーリンク

 

 

 

カメラやスマホ越しに見るより、直接目で見た方が記憶に鮮明に残るらしい

 

私の子どもの頃の写真なんてかなり枚数が少ない

節目やイベント、旅行時の写真ぐらいしかない

小中学生の時なんて、学校で購入するイベント写真しかなかった

 

大人になって何となく渡されたそれらの数枚の写真を見ても、十分な枚数だと感じる

 

私は今小さい子を2人育てている

少し前までは、家の中でも何枚も写真を撮っていた

1~2日に1枚は撮っていた

 

昔と比べてデジタル化やスマホの普及が進んだというのもあるが、撮った写真を見てもそんなに必要なのか?と疑問に思う事がよくある

 

カメラ越しではなくてもっと直接見た方が良いのではないかと思ったのだ

ほんの数秒だとしても、毎日毎日撮る必要なんて無いのだ

 

数週間に1枚ぐらい、どこかに行った時にでも撮ればいい

 

ついでに自分のここ数年の写真データも整理した

 

1イベントにつき数枚残すだけで十分だ

多すぎると面倒になってすべて見ない

気に入った数枚だけならたまに見返そうと思える 

 

インスタ映えだかなんだか知らないけど、何でもかんでも写真撮るというイマドキの風潮もいかがなものだろうかと思う今日この頃だ

 

↓夫は一眼レフ持ちだけど全然使っていない件↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ